アクセスカウンタ

<<  2015年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


2016年予測

2015/12/31 18:41
今年もあと数時間となってしまいました。
一昨年から育てている「ミニ蘭」が二鉢あるのですが、今年はいずれにも
花芽が2本出て順調に伸びてきました。
昨年は、育て方がよくわからず一鉢の花芽は不完全な成長でしたが、その
方が夏場に葉っぱが7枚も出てたっぷり「日光」の栄養も吸収させたので、
予想以上に元気な花芽です。 昨日、内3本の花芽に誘導棒を立てました。
この「蘭」の花の最後が開花するころに、来年の相場の屈折点が到来しそ
うです。
 16年度の予想による私の現在のポジション
*原油は前回書いたとおり最低一波動の反発あり
   ・・・原油ダブルブルETNを現物ポジの6%保有中
   ただし、買いが少し早すぎて45ドルを超えないと利益には..泣
  ここで、レバ(ダブルブル)系投信の注意点
原指数が、下がってその後元に戻っても基準価格が元に戻らないという
不条理。 だから、下がればどんどん「難平」買いを続けなければ意味が
ないのである。しかも、口数を増やしながらであるので、難平買いのタイ
ミングが難しいのである。まさに「難平」の「難」ここにありである。
ただし、大底でレバ系投信を仕込めたら、ものすごい威力を発揮する。

*日経平均は大きく伸びない。
すなわち、15年の高値が「顔合わせ」天井となるとみている
なぜならば、日経225EPSが実は全く伸びないからである
   ・・・日経225レバ投信のポジは1%未満であるが、先日の安値近辺
   での、仕込みなので含み益にはなっている。実は、先日の日銀会合
   騒動の時、高いところでの指値売りがヒットしていたのであるが、あの
   騒動の時は、OPの売買も忙しく、指値していたこと自体頭から抜けて
   いたという、笑えない事態でした。
   当面、18500円以下買いの20000円のせ断固売り

*穀物の「干ばつ」不作は近い
本当の干ばつは2017穀物年度とみているが、小麦は今が大底とみる
   ・・・穀物ETNは、大納会で全部外したので、アグリと合わせてポジ
   は、ゼロである。
   小麦は、今後2年かけて50%高と予想している。一方、コーンは、
   原油価格にも左右されるが、30%くらいの上昇は望める。
穀物が上がり始めても、連動証券が少なく、TOCOMのコーンも取組高
が激減しているので、さや取りすらできないのが残念である。

*REITは、日経急落につられて下がったときに買い
   ・・・野村REIT−ETFを12月18日にすべて売却しポジはゼロ
   20日に分配金も届いて下落待ちである。
個別REIT銘柄は、選択が難しいので、野村ETFが一番いいと思います。
12月の分配は、12.80円/口だったので、利回り3.2%の1600円
近くまでの下げがあれば・・・・。
日経指数とREITの動きは違うが、日経急落時にREITが大幅連れ安を
した時は、断固買いなのである。 日経指数よりも戻りははるかに速い。
ただし、レバ系の投信がないのが少し残念である。

*新参者
   ・・・「ミズホメディー」に注目
   PERからみて割安なので「シンデンハイテク」のような動きを想定。
   ただし、公開減額修正の可能性は否めないが、発行株数が少ない
   ので、1:2の分割期待。
   今期減益という現実は直視すること・・・www

大納会終了時点でのポジション
コール売り 12枚
プット売り   3枚

現物(ETF/ETN除く)
時価総額上位
東京海上HD
三菱ケミカルHD
東急不動産HD

株数上位
花月園観光
栗本鉄工所
ゼニス羽田HD

四半期急増銘柄
イトーヨーギョー

四半期急減銘柄
OATアグリオ




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


原油相場の大転換

2015/12/19 15:58
 NY原油の当限納会が近づいてきた。
すでに2番限である2月限の出来高が1月限の5倍に達しており、34ドル台
の原油相場と騒がれてはいるが、コンタンゴ状態の現状において、2月限は、
週末引け値で36ドル台である。
もちろん、当限納会とともに2月限に激しい「さやすべり」が顕在化すると予想
されるが、はたして・・・・という感じがしてならない。
まあ、これだという確たる根拠があるわけではないが、
順調なコンタンゴが続いていること
ファンド筋の年内決算が終了していること
掘削業者の先限売りがコスト割れで限界に達している
急落当初の先物ヘッジ売りに対応した生産水準が今後徐々に低下する
あとは、
サウジの対応と、イランの生産量がどのくらいになるかが不透明ではあるが、
分かったときはすでに遅しであるというのが、相場の世界である。

今年の原油相場は1波動で概ね20ドルの動きがあるので、春先までに
55ドルに向かっての上昇が期待できると予想しているが。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


銀行が大量に販売した「USハイ・イールド」投信

2015/12/14 22:42
 ハイ・イールド債券系の投資信託は、銀行が高齢者に大量に買わせている
と推測している。
基準価格が8〜9000円で毎月50〜70円を分配する、あたかも年金のごとく
説明して売りつけている。
この手のファンドは、だいぶん以前でも分配金が「特別分配金」になっている
ものがあった。 はたして、高齢者に特別分配金の意味が分かっている人が
どのくらいいるだろうかというより、、販売しているサイドが本当に理解させて
販売しているか大いに疑問である。
 もちろん、ハイ・イールド以外にも、たとえばUBS豪州債毎月分配なども、
豪ドル安で、毎月分配されても、基準価格が下落する一方である。
特別分配金が悪質なのは、3%なり4%の手数料を払って買った元本部分
を、さも運用益のごとく利息と見せかけて支払っているところである。
日経新聞の「オープン基準価格」欄を見てみてほしい。
投資に詳しくない高齢者が、自分の所有している銘柄を見つけ出すことが
出来るとは到底思えない。 それが、販売銀行の思うつぼなのである。
昨今は、定期的に報告される書面でトータルリターンが表示されるらしいが、
今も毎月分配=利息をもらっているので、分配金が大幅減か0になるまで
発覚しないような気がしてならない。
ついでにNISAで買った人は、もっと悲劇である。
そもそも、特別分配金は非課税である。課税もされていない利息に対し、
NISAで税金がかからないと喜んでいては、もはや滑稽な話である。
 私は、個人的にはNISA口座など開設していない。
なぜならば、損切のタイミングを逸する可能性があるからだ。
かつ、損失金の利益金に対する相殺ができないこと。
そして、ここが重要・・・利益が出たら20%くらい税金を払うのを惜しむ
べきでないということであるwww。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生涯記憶のある事件に劇的暴落はない!

2015/12/06 13:04
 私は、間もなく還暦を迎える年齢になりました。
先月も高校の学年同窓会が5年ぶりに開催されたので故郷に帰ってきました。
私の母校は、医者や弁護士をいっぱい排出するほど優秀ではないのでwww、
一握りしかいませんが、学校の教員は、幼稚園から大学まで当初数十人は
いましたが、残念ながら女性の先生は、結婚したり家庭の都合で徐々にお辞め
になり、男性も校長まで上り詰めたり、教育委員会傘下の役職にいたりと職務
を全うしているようです。
 サラリーマンになった連中は、基本定年を迎えたりしても、雇用延長をしてい
る者も多く、もちろん給料はかなり減額されていると思うが、現役そのもの
である。 私は、40歳目前で独立したのでもちろん定年はないが、退職金も
ない。 相場で生計を立てていくという目標は、大学時代から漠然とあり、その
目標のために資金をずっとためていたとともに、給料の高い職業を選んでいた。
もっとも、最初に勤めた証券会社は、証券界の裏も見れてその両方を満たす
うえでは、ベストであったが、仕事の内容は地獄そのものであった。
今、思い出して一番おもしろかったのが、山一證券へ会社訪問に行ったとき、
私が、理系だったので営業ではなく子会社のシステム志望しか頭になかった
らしく、話にならなかったことです。まあ、それほど私は変わり者だったという
ことかもしれないし、卒研の先生には申し訳なく思っていますwww。
 あれから30数年経って、末娘が就活をしたが、驚いたことをいくつか・・・。
実は、会社選びを相当手伝ったので、日程上近くで寄れればと、いろんな会社
に行ってもらったりもしたが・・その中から、
 国際帝石・・・文系の並みの私立で完全な場違いではあったが、給料が目
茶苦茶高いので、未来の旦那探しを目指してという不謹慎な動機ではある
説明会でモデルのような美人社員が何人も出てきて、怒って帰ってきた。
 F社・・・といっても非上場で知らない人が多いかもしれないが、「下町ロケ
ット」のロケで使われた工場であるとともに、ロケ用のロケットの部品もこの
会社が提供している。大学に説明会に来たが、知名度からかガラガラだった
らしいが、将来性と勤務地が条件に合ったので訪問したが、会社説明会は
盛り上がりに欠けるものだったとのこと。 後日、次の日程をメールしますと、
いわれいつまで待てども連絡なし。不合格でも連絡とのことであったが・・・
娘は無視されたと(怒)。技術力では優れていそうだし、今後株式公開して発
展してほしい会社の一つなのですが。(訪問時TVドラマの件は親子とも不知)
 株価4桁以上の1部上場会社・・・役員面接で一人来ていないことが発覚。
女子事務員の連絡を忘れたかなの会話に、娘はぞっとしたそうな
忘れられた彼(男らしい)には一生ものだしね。
ちなみに、次の社長面接には行けませんでした。
もちろん、連絡メールはありましたがwww。
 今年新規公開会社・・・初値から下がっていたが、申し込ませたら、すぐ
に会社説明会を個人的に(もう一人女の子がいたそうな)やってくれる歓待ぶり。
社長も出てきてすごい歓迎ぶりに、娘も圧倒されたが、帰り際に即内定と言
われ、戸惑って帰ってきた。 誓約書もきちんと送っていただきましたが、その
直後に本命を内定ゲットしましたので、丁重に辞退させていただきました。
すごく、いい社長で来年は知名度も上がっているはずなのでいい人材が
あつまると思いますよ。 株主として継続的に応援していきますよ。
 結局、経団連加盟の会社に内定しましたが、ここは経団連スケジュールなん
て、はじめから無視していて、7月には本内定が出ました。
スケジュールなんて「銀行」だけが守ればいいんです。昔から、銀行が優秀
な人材を大量採用することは、取引先への背信行為であるため。それは、中央
も地方も同じ構図で、地方は公務員と地銀がUターンの有名大学生を奪ってし
まって、製造業やサービス業に優秀な人材が集まりにくい。

 さて、ここから本題を
先日、パリで同時テロがあり、その後米国、今日は英国とテロの連鎖が
続いているが、ここ株価の面から考えると、その投資家の生涯に起こって
記憶のある事件では、劇的暴落はないということであり、たとえ急落しても
すぐに戻る可能性が高く、「落ちる剣」を掴む場面であると思う。
 今後、怖いのが「東南海地震」であるが、東日本大地震が記憶にあるので、
大阪や名古屋が壊滅的津波に合わない限り下げは買いとなる。
世界的な、イスラムテロも9.11に比べればはるかに小規模であり、株価
の面では問題ない。 ただし、イスラム過激派が原子力兵器を入手した時は
別である。
 私が、一押しの大事件として「中国分裂」であるが、これもソビエト連邦で
経験済みなので、急落は勇気を出す場面である。
 今、われわれが実体験していない事象は、
第三次世界大戦
富士山大噴火・・もちろんイエローストーン大噴火等々の先進国の噴火
    火力発電の停止と飛行機の欠航長期化とそのあとの農業不作
太陽活動の異常による電子機器の長期大混乱および誤動作

 私は、体も壊していなくていたって元気ですし、アベノミクス相場にほどほど
のれて、OPも順調に利益を重ねていますが、建玉制限もあり、ピークの
頃から見れば1/3〜1/4程度の利益ですが大きな事故にも会わず、
頑張っていますよwww。

さて、このブログの更新を最初に誰が見つけるかな。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2015年12月のブログ記事  >> 

トップへ

optionqの先物・オプション必勝戦略 2015年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる